【床パネル】【左右オーダーBOX】大城様(波乗り仕様)

サーフィンをされる大城様からは床パネルと左右のBOXオーダーをいただきました。

普段はベッド展開したままにされる、収納にはこだわりがあるという事で大城様のご要望にできるだけ近い形でBOX内に仕切りをつけたり、上下二段にしたりしました。

スリムなBOXとワイド幅のベッドマット。

左右のBOX収納の蓋になっているマットは物の出し入れがしやすいように三分割にしてあります。

また、床パネルは砂や水が入りにくいように継ぎ目のシーリング加工をサービスしています。

天井にサーフボードを収納したいというご要望に応えて左右それぞれ2つずつアシストグリップを追加しています。

【両面跳ね上げ天板】【左右オーダーBOX】鈴木様(バイクトランポ)

他社で床貼り施工済みの鈴木様のお車に左右オーダーBOXと両面跳ね上げ天板、マットを製作させていただきました。

敢えて左右の天板サイズを変えてあります。

前田制作では お客様のご要望にできる限り対応させていただきます。

【床貼り】【片面跳ね上げ天板】【左右BOX】浅野様(バイクトランポ)

バイクトランポの浅野様のお車は、茶木目の床。

泥汚れが目立ちにくいので 前田制作おすすめの床色です。

ベッドは片面跳ね上げ仕様、サイドの隙間用のマットも製作しました。

バイク積載時。

浅野様のバイクサイズにぴったりの背もたれシートを取付けて バイクトランポとしての機能を存分に発揮。このサイズ感はワンオフならではです!

LED照明を荷室、バックドア、セカンドシート上部に取付けました。

荷室のLEDは大型タイプですので明るさも十分です。

ワンタッチレールは左右上部と さらに左側後方、右側中央付近にも設置。

バイク以外の荷物も色々固定できます。

また、浅野様のこだわりでレールのエンド部分にはそれぞれキャップを取付けています。

威力抜群、バイク洗車にもってこいの高圧ポンプも搭載しています。

ステップ部分にも小さいながら収納スペースを設けました。こちらはノブボルトで簡単に脱着できます。

車内各所に設けた収納スペース。

蓋を2枚にしたり、オープンボックスにしたり、それぞれ使い勝手を考えています。

センターコンソール前方に取付けたドリンクホルダーは紙パックドリンクも入るように四角くしてあります。

サブバッテリーのメーターはコンセントと共にセンターコンソール後方に、バックドア開口部でもコンセントは使えます。

【床貼り】【片面跳ね上げ天板】【左右BOX】【テーブル】根本様(バイクトランポ)

ライダーの根本様のお車は床貼り、片面跳ね上げベッドの仕様です。

ベッドマットは濃い目のベージュをチョイス、マチのチャコールグレーとの配色が落ち着いた印象です。

全面ベッドになりますが、テーブルと共に全て収納可能です。

ポリタンクを2つ収納できるBOX部分は稼動式です。

運転席側のBOXは蓋を設けて見えない収納、助手席側のBOXは蓋無しで出し入れし易い収納にしてあります。

また、運転席側のスライドドア部分は全部をオーバーステップ加工してあります。さらに、下のステップ部分は床と同じポンリュームで一体感を出しています。

バックドアにはスチールパイプを取り付けました。

ベッド展開した時も、起きている時も、どちらでも使い勝手が良いように大きさや高さを根本様と相談しながら製作したテーブル。

窓埋めにジョイントさせ フレキシブルに設置できます。

こちらは追加で製作させていただいたテーブル。マットと入替えても、独立させても、どちらでも使用可能です。

そして、車内はもちろん、車外でも使え、椅子として座れる強度も十分あります。

センターテーブルの高さは根本様の身長に合わせ、またBOXティッシュを収納できるサイズで製作しました。

 

FFヒーターとサブバッテリーも搭載しています。

【床パネル】【両面跳ね上げ天板】【センターテーブル】市川様(一般・車中泊仕様)

一般ユーザーの市川様は床パネルと左右簡易BOX、両面跳ね上げ天板でベッドマットを設置。車内中央には取外し可能なテーブル、と簡単車中泊仕様の高さのみオーダーで変更して製作させていただきました。

ちょっとした遠出はこれでバッチリ、床パネルのおかげで多少の汚れ物や大きな荷物も気軽に載せられます。

【床貼り】【左右オーダーBOX】【片面跳ね上げ天板】【窓埋め】石塚様(バイクトランポ)

ライダーの石塚様は、左右で高さの違うBOXをオーダーされました。

前田制作では収納する荷物や工具箱、道具に合わせて あなただけのピッタリなBOXを制作します。

また、多少の手間と時間は掛かりますが、窓埋めは内張りを外して根太を入れてから取付けますので強度抜群です。

左右のBOXは収納予定の道具に合わせつつ、空間を最大限に生かしています。また、床パネルはオーバーステップ仕様でここにも収納を設けました。

【サブマット】【タイヤラック】アドバンス様(バイクトランポ)

アドバンス様のバイクトランポにはスペアタイヤ収納スペースを設けました。

ハイルーフならではの収納場所!横にも縦にもタイヤが2本ずつ収まり、最大2SETの収納が可能です。

セカンドシート前方には少しの隙間があった為、ベッドとして使用する時のネックになっていました。

しかし、この隙間にピッタリのサブマットを制作してセットすれば、シートと一体化した広々ベッド空間がうまれます!

ちょっとした事ですが、ここがフラットになるかならないかでは大違いです。

そして、このサブマットはマジックテープで固するので ずれる事もありません。

【背もたれKIT改良版】西森様(バイクトランポ)

バイクトランポの必需品、背もたれKIT。

西森様の場合、荷室にバイクを2台積むことがあり、その場合バイクを積んだままでは仮眠スペースが確保できませんでした。

そこで、通常は1枚もので製作する背もたれKITを折り畳み式の2枚バージョンで製作しました。

折り畳んでセカンドシートを起こしていればバイク積載時のセカンドシート保護&固定力UP、セカンドシートを倒した状態でもう1枚を広げれば1500×1000のスペースが出来、バイクを下ろさなくても仮眠がとれます。

【床貼り】【左BOX】【フック】【スライドレール】上野様(バイクトランポ)

上野様のお車は硬質の床貼り仕様。

ポンリュウムは前田制作では珍しい石目をチョイス。

ポンリュウムは様々な種類がありお客様のお好きな柄で施工しますので遠慮なく仰ってください。

BOXは左側のみ、床にはフックを4箇所のフックを取り付けました。

セカンドシートにはスライドレールを取り付けてあります。

【床パネル】【左右BOX】【両面跳ね上げ天板】奥村様(バイクトランポ)

奥村様は置くタイプの床パネルと両面跳ね上げベッドをご希望でした。

バイク積載時に最大限のスペースが欲しいとの事でしたので、左右のBOXはできるだけスリムに制作しました。

両サイドを跳ね上げれば広々とした空間がうまれ、バイクも余裕で積めます。

ベッドは左側は1枚、右側は2分割の跳ね上げ仕様です。

いつも使っている緑色のBOXを収納したい奥村様のご希望に沿うように跳ね上げベッドの脚を左右少しずつずらしてあります。

前田制作では、工具箱をここに収納したい、この高さだと使いやすい等、お客様のご要望にできるだけお応えしながら制作させていただきます。

【床パネル】【左右規格BOX】【2分割式跳ね上げ天板】前田制作オリジナル

前田制作オリジナル「簡単車中泊仕様」3点セット

①つ目は、ライダーならまず欲しいアイテム、床パネル!

バイク積載時に汚れも濡れも気にしないで済み、なおかつお掃除らくらく(^^)

②つ目は、左右のBOX。規格サイズにすることでコストダウンできました。

そして、③つ目。両面跳ね上げ天板を付ければ、憧れていた車中泊もできちゃう!

夢のトランポがあなたの手元に!!


3つまとめて購入いただくと、¥218,000~

もちろん単品での販売も可能ですので、お気軽にご相談くださいね。

【床貼り】【フック増設】【ワンタッチレール】スタジオ コバ様(バイクトランポ)

バイク積載専用のため、床貼りとともに7つのフックを取り付けました。

スライドドア開口部はオーバーステップ仕様にしてあります。

サイドには前後左右に2本ずつ、計4本のワンタッチレールを設置。

また、床の素材はバイクが滑らないように凹凸加工のポンリュームにしてあります。

【床貼り】【オーダーBOX】【オーバーヘッドトレー】五十子様(キャンピングカー)

五十子様のお車は前田制作初のフルキャンパー仕様!!

床は落ち着きのある茶木目、オーダーBOXはキャンピングカーでよく使われる家具調のブラック木目です。

マットもレザーではなくベロアで、ぬくもりと高級感が溢れます。

今までのトランポとはガラリと印象が違い、まるでリビングに居るかのようです。色のチョイスは全て五十子様のこだわりです。

冬はスノーボードをしに雪山に行かれるとの事で、左右のBOXにはそれぞれ2枚ずつのボードが収納できます。

スライドドアを開けると、シューズ収納BOX。

ギャレー部にも収納を設け、上部は折り畳みの蓋式にしてあります。

冷蔵庫もBOX内に収納しています。

また、オーバーヘッドトレーは左右に設置してあり、収納力はバツグンです。

エンジンをかけなくてもヒーターがつけられるFFヒーター搭載。

また、同じくエンジンをかけずにナビを起動させて後部座席でTVが見られるようにもしてあり、その切替スイッチは運転席から操作できるように取り付けてあります。これも前田制作初の仕様です。

照明をつけるとムーディな雰囲気に。

五十子様は温かみにこだわり、敢えてLEDにはしてありません。

マットを展開すれば広々スペースの出来上がり~

【床貼り】【オーダーBOX】【サテライトSP・ピラーSP】蓮山様(バイクトランポ)

蓮山様の床は前田制作オススメの茶木目を採用。

ベッドマットは表面がグレー、マチがブラックとこだわりのツートンカラー。センスが光りますね!

スライド扉の部分は、水タンクに合わせてオーバーステップ加工を施してあります。

音響システムはアメリカンサウンドのKICKER♪

アドリブのヒデさんの技がつまった ピラースピーカーとサテライトスピーカー!!

サテライトスピーカーには「K」の浮き文字入り(^^)v

外部電源とサブバッテリー、インバーターも完備!

発電機等から外部電源に入力を行なえば電子レンジも使えます。

上には工具箱、コンプレッサーを置き、下にラダーを収納したい、という蓮山様こだわりのオーダーBOX。

ラダー収納した奥や 上部の空きスペースは、もちろん他の収納に使えるようにしてあります。

テーブルは縦向き、横向きのどちらでも設置可能にしました。ベッド展開時にもテーブルが使えるのはとても便利です。これは制作中に2人で閃いて仕様変更した傑作です。

また、運転席後ろにはフードテーブルもつけてあります。

左後方の窓埋めにはパイプハンガーとティッシュケースを取り付けてあります。ティッシュはバックドアを開けた状態で手が届くようにしました。これも、蓮山様のこだわりです。

また、バックドアにもパイプハンガーを設置してありますので、濡れた衣類を掛けられます。

重量のあるガソリンタンクや工具箱は、フックで固定できるようにしました。走行中も安全第一です。

照明は2種類のLEDを取り付けました。

四角いタイプは新製品!LEDですが、暖色で光の広がりがあります。

【床貼り】【オーダーBOX】【オーバーヘッドトレー】鈴木哲也様(バイクトランポ)

床は木目調で落ち着いた雰囲気に!

テーブルはセカンドシートでも、セカンド&サードシートの対面でも使えるフレキシブルな仕様。

オーダーBOXは工具箱のサイズに合わせて製作しています。

ベッドマットを広げれば、大人3人が余裕でくつろげるスペースがうまれます(^^)

ヘルメットトレーとオーバーヘッドトレーは左右に設置し、収納スペースもしっかり確保。

強度ばっちり、ヘルメットトレー部の扉はゆっくりおりるソフトダンパー仕様です。

また、先端部にはスピーカーを埋め込み、広がりのある音響を楽しめます♪

オーダーボックス後部には高圧ポンプを内蔵し、バイクの洗車にも困りません。

キャンピング仕様のため、カセットコンロも設置しました。

ウーハー内蔵のセンターコンソールボックス!

小物やドリンクを置けるように設計。

置き場所に困りがちなウーハーもこのようにすれば邪魔にならず、且つ音の広がりが抜群に良くなります。

ルームランプは、アドリブさんと前田制作共同開発の「IDライト」

リモコンで7段階の明るさに調整ができます。

【床貼り】【オーダーBOX】【オーバーヘッドトレー】木佐森様(バイクトランポ)

【床貼り】【オーダーBOX】【オーバーヘッドトレー】森様(バイクトランポ)

上段左より…内装全体、高さがあって車内はホント広々~

オーバーヘッドトレー、スーツケースが入ります!

下段…セカンドシートにはテーブルを設置。もちろん脱着式で使用しない時は外せるのため、運転席からの移動も楽々♪

オーナーの森様、広島から手伝いに駆けつけてくれたオフタイムの門ちゃん

【床パネル】【オーダーBOX】長谷川様(バイクトランポ)

床は黒木目の硬質ポンリュウム仕様。

耐久性に優れ、お掃除も楽々です。

オーダーBOXは持込みのベッドマットの高さに合わせて制作しました。

リアヒーターの吹き出し口は開口部を設けています。

 

また、床パネルとオーダーBOXはタイヤハウス前後の純正のフック部分4箇所を利用して取り付けてあります。

わずか15分で脱着できます。

 

<価格>

床パネルシステム硬質仕様 ¥59,800

床延長KIT硬質仕様 ¥12,800

オーダーBOX(右) ¥50,000

オーダーBOX(左) ¥55,000

背もたれKIT硬質仕様 ¥16,800

【床貼り】【オーダーBOX】サポート選手太田様(バイクトランポ)

床は硬質ポンリウム仕様。

耐久性に優れ、お掃除も楽々です。

また、床貼りのオプションで左右のオーバーステップ加工もしてありますので、バイク等の積載時は楽々、荷室容量も確保、収納スペースも増加と一石三鳥です。

 

オーダーベッドは、セカンドシートを倒した状態と繋がりフラットになりますので、身長の高い方でもゆったりと休めます。

 

オーダーテーブルは、意図的に窓側に寄せて設置。

片側のベッドをソファのようにし、くつろぐことができます。

意外と収納に困るテーブルの柱は、ボックス内にぴったりしまえるようにしてあり、車内で転がることもありません。

 

リアヒーター開口部は、スライド式で埃が入らないようにしてあります。

 

<価格>

床貼り&オーバーステップ加工 ¥126,000

オーダーテーブル ¥29,800

オーダーベッド ¥255,000

 内訳:跳ね上げ分割天板 ¥50,000

     ベッドマット ¥95,000

     オーダーBOX(左右) 各¥50,000

     取り付け工賃 ¥10,000

 

【床貼り】【オーダーBOX】【スペアタイヤケース】【背もたれKIT】古田様(バイクトランポ)

床は黒木目の硬質ポンリュウム仕様。

耐久性に優れ、お掃除も楽々です。

 

オーダーBOXはお手持ちの工具箱のサイズに合わせて制作してあります。

可動式の蓋を開ければ、工具を取り出せ、閉めれば上に荷物も置けます。

 

ブーツの収納も同じように可動式なので、出し入れがしやすいです。

また、ボックスセンターには背の高いケミカル類もたくさん収納できます。

 

バイクの固定力を上げる背もたれKITには「L字ステー」を取り付け、意外と収納に困るヘルメットを掛けられスペースを無駄にしません。

 

跳ね上げ式のベッドは1人用で、バイクのスタンドを収納できるように一部切り欠きしてあります。

 

スペアタイヤケースは脱着式。

ベッド使用時は左側のBOX」に寄せて使用します。

 

<価格>

床貼り&オーバーステップ加工 \126,000

オーダーBOX(右) \35,000

跳ね上げ天板 \50,000

ベッドマット \35,000

オーダーBOX(左) \50,000

スペアタイヤケース \24,800

背もたれKIT硬質仕様 \16,800

 

【床貼り】【トレー】【横向き定員用イス】サポート選手大橋様(カートトランポ)

床は木目の硬質ポンリュウム仕様。

耐久性に優れ、お手入れ楽々です。

 

セカンドシート上部にはセンターヘルメットトレーを設置。

マチを可倒式にすることで底板のかさ上げに成功。

セカンドシート搭乗者の快適性を高め、圧迫感を軽減しました。

ロック機能も付いていますので、走行中に物が落ちてくることもありません。

 

運転席上部にもフロントオーバーヘッドトレーを設置。

オーナーの大橋様がお仕事で使用されることが多いA4ファイルのサイズに合わせた収納スペースを確保してあります。

 

どちらのトレーにもスポットライトを埋め込んであります。

荷室には、車検用の横向き定員が取れる折りたたみのイスを設置。

後方の座面にはロック機能付きのフタを設け、収納時もイス使用時も荷物を入れたままにできます。

 

こちらのイスには3・4人が腰掛けられますが、お客様のリクエストにより1~4人まで対応可能となっております。

ベッドは荷室部、セカンドシート部の高さを変えてあります。

セカンドシート部は、1700×1300位で、お子さん2人が寝られます。

荷室部は 1700×1800位あり、大人2人がゆったり寝られます。

ちょっと詰めれば大人3人でも大丈夫です。

内装はパネル方式フルトリムを施工。

これにより、ボディと内装の間にカーテンレールの埋め込みができました。

車用のカーテンにストレスを感じる方は多いと思いますが、こちらのカーテンは何と指1本で開閉可能です!!

 

<価格>

床貼り&オーバーステップ加工 \126,000

センターヘルメットトレー \69,800 (フルトリム仕様)

フロントオーバーヘッドトレー \39,800 (フルトリム仕様)

跳ね上げ天板 \69,800

右側壁パネル \29,800

ベッドマット \105,000

横向き定員用イス \69,800

イス用マット \29,800

パネル方式フルトリム \400,000~

【FFヒーター】サポート選手青島様(バイクトランポ)

寒い冬にエンジンをかけなくても暖がとれるFFヒーター。

スイッチは取り外しが出来るように制作しています。

他社で内装加工済みの場合でも取り付け可能ですよ。

サイドステップ以外でも取付けられますので、御相談下さい。

 

<価格>

¥175,000~(本体込)

【床貼り】【オーダーBOX】【横向き定員用イス】サポート選手金沢様(バイクトランポ)

ワゴンの10人乗りを定員そのままに横向きシートに変更。

サードシート下にあった純正リアヒーターは、セカンドシート下に移設しました。

エアコンの吹き出し口はステンレス製で錆びにくく、ゴミや埃などが入りにくい仕様です。

 

純正シートベルトを外したあとの穴は、WORK VOX様の専用オリジナルパーツで目立たないように塞いであります。

オーナーの金沢様のご希望で、バイクは前向き・後ろ向きのどちらでも積み込みできるようにタイヤストッパーを前後に設置しました。

どちらの向きでも固定力はバッチリです。

 <価格>

床貼り ¥115,500

リアヒーター移設 ¥25,000

横向きシート 左右各¥90,000

オーダーBOX(右) ¥25,000

オーダーBOX(左) ¥25,000

セカンドシート下パネル一式 ¥35,000

タイヤストッパーベース板左右各   \10,000